薄毛って治るの!?最近よく聞くAGA治療とは?

ポピュラーな内服薬での治療

薄毛が気になる男性であれば「AGA」の文字を、1度は目にした事があるのではないでしょうか?
AGAは「男性型脱毛症」とも言われており、男性に起こる脱毛症です。
男性ホルモンのジヒドロテストステロンが作用し、生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。
進行性の脱毛症なのでそのまま放置すると、どんどん薄毛になってしまうんです。
ですが、今は治療でAGAを治せます。
クリニックで行われている、ポピュラーなAGA治療として挙げられるのが内服薬の処方です。
ジヒドロテストステロンの生成を抑制する内服薬や、頭皮の血行を促す内服薬で治療を行います。
約半年程度飲み続けると多くの方で、発毛が現れるようです。
薬を飲むだけという手軽さから、内服薬の治療は多くの男性に選ばれています。

最新のAGA治療も!

AGAの治療は内服薬の処方だけではありません。
最新のAGA治療が注目を集めています。
育毛メソセラピーやハーグ療法は、最新AGA治療の1つです。
育毛メソセラピーは、頭皮に発毛を促す有効成分を注入する治療法となっています。
ハーグ療法は育毛メソセラピーで注入する有効成分に、成長因子をプラスして注入する治療法です。
これらのAGA治療は直接、頭皮に成分を注入できるという事もあり、発毛効果に大変優れています。
健康保険が適用されず自由診療なので、治療費は高額となります。
育毛メソセラピーの場合、平均相場は1回につき約3万円です。
ハーグ療法は多くのクリニックで、6回の施術が1セットで行われます。
6回の治療費は約120万円程度です。
この数字を見ると「高い」と感じるかもしれませんが、どちらの治療法も発毛効果が高いので、薄毛に大きなコンプレックスを感じている方にはおすすめです。